社会福祉法人 四季の里

どんぐり保育園

2019年10月2日

  ぱんだ組は『色当てゲーム』から始まりました。

先生が「赤、青、黄色、茶色」などの色を伝えると、一目散に言われた色を目指して走って行く子どもたち。

中には見つからず、お友だちの後ろを走ってタッチ・・・する場面もありました。

 その後は転がしドッジも楽しみました。ボールが欲しくて泣く子もいましたが、まだまだ3歳さんなので、これからルールを理解しながら楽しめていけるといいなと感じました。

 ぞう組は、黄色と黄緑色チームに分かれ鬼ごっこ!

一人で逃げていると鬼役の先生に捕まってしまうのですが、二人ペア(黄色と黄緑の子ども)で手を繋いでいると捕まらないので、子どもたちは相手チームの友だちを必死に探して先生に捕まらないように逃げていました。

その後は、ぱんだ組さんと一緒で転がしドッジを楽しみました。

 らいおん組は、跳び箱・鉄棒・縄跳び・平均台・カラーボックスからのジャンプに挑戦!(どんぐりンピックでチャレンジ)

先週の予行の時、縄跳びが跳べなかった子が、少しずつスムーズに回せるようになり、鉄棒でも足が上がらなかった子があげようと一生懸命努力する姿が見られ、1週間の頑張りが今日の姿に変わったように感じました。

一人ひとりの努力も大事ですが、やはり周りの友だちの声援もあって頑張れたことも一つだったかなと思いました。

IMG_0015 IMG_0016IMG_0019  IMG_0020 IMG_0021 IMG_0025 IMG_0026 IMG_0028 IMG_0029 IMG_0030 IMG_0031 IMG_0034 IMG_0037 IMG_0038 IMG_0039 IMG_0040 IMG_0042 IMG_0043  IMG_0047