社会福祉法人 四季の里

どんぐり保育園

2014年5月13日

 毎週火曜日は法人内事業所の管理者が本部に集まって報告・検討を行う管理職会議が行われます。なので、火曜日は行事と重ならない限り園にいません。

 会議からの帰り道(今日の「ころころにっき」はどうしようかな~?)と思いながら、帰ってきました。今日は天気も良かったのに、一日会議室の中だったので、園に帰り着くとすぐに園庭に出てみました。

 やっぱり元気いっぱい遊んでいる子どもたちがいる保育園が一番いいなあ~と思っていると「えんちょうせんせいおかえり~」と声をかけてくれる女の子がいました。ぞう組さんです。らいおん組のある男の子は「えんちょうせんせい、なんでいるの?」と聞いてきました。「なんでって・・・」と思いましたが、これもまた、今日一日いなかったのに急に(?)いたので、そういう意味で発せられた素直な気持ちの表れだったのだろうなと解釈しました。ありがとう。

 ぞう組のある女の子は聞いてほしくて「ハピネスチャージプリキュア」の歌を歌い始めました。なかなか上手です。気をよくしたのか今度は「アナと雪の女王」のテーマ曲「Let It Go」を♪ありの~ままの~ と歌い始めました。声量が大きく、正しく「熱唱」といった感じ。思わず「カラオケボックス・SUNABA」と名付けました。

DSCF1772

今度はらいおん組の男の子が「ひまわりのめがでとるーっ!はやくきてーっ!!」と職員室に呼びにきました。らいおん組の前にあるプランターをのぞいてみると、今まさに土から顔を出した芽が見えました。まだきれいに双葉になりきっていない状態です。よく気づきましたね。これからもきっと観察が楽しみなことでしょう。 

DSCF1773