社会福祉法人 四季の里

どんぐり保育園

2014年5月12日

 開園して1年以上が経ち、砂場の砂が減ってしまったので、先週末に砂を足しました。

 たっぷりと砂が入り、ふかふかの砂場に戻りました。砂は感触遊びとしても造形遊びとしても、子どもには大切な存在です。触ったり、踏んだり、握ったり、丸めたり。掘ったり、山を作ったり、ご飯にも飲み物にもケーキにもなります。

 砂場には学ぶものがたくさんあふれています。たくさん遊んでくださいね。

DSCF1768 DSCF1769