社会福祉法人 四季の里

どんぐり保育園

【保育理念】

どんぐり保育園は、次世代を担う子どもたちの成長と、子育て家庭の支援を行います。 子どもを、親、園、地域で共に育み、共に育つことを目指します。

【保育方針】

1.
『子どもの心と体がより良く育つための 5つの要素「かきくけこ」を大切にします。』
  • か・感動
  • 情操を養い、感受性を豊かにします
  • き・興味
  • つながり、関わりを築き、意欲を育てます
  • く・工夫
  • 自ら考える力、想像力を養います
  • け・健康
  • 食育を通して、「生きる力」を養います
  • こ・心地よさ
  • 安全かつ快適な環境の中で、情緒の安定を図ります
2.
子どもは自ら伸びる力を持っています。
 『保育者は、一人ひとりの伸び方に合わせた
  保育をします。』 子どもは環境によって育ちます。
 『保育者は、自らが子どもの環境の一つとなり
  保育をします。』
そのために
 『保育者は、豊かな土壌となり、暖かく降り注ぐ太陽の
  光となり、潤いをもたらす雨となり、寄り添える支柱
  となって、子どもと関わります。』
3.
『子どもの発達の連続性、生活の連続性を踏まえ、 保護者と共に子育てをします。』

【目指す子ども像】

できることが どん どん増えて
大きく大きく ぐ んぐん伸びて
勇気りん り んとした子ども